忍者ブログ

singnice

力派女性を描

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

力派女性を描

の当時の販売方法としては斬新で、
キーワードは、”キャリアウーマン”という言葉。
それまでの「職業婦人」という名称から一気に仕事ができる女性像が出来上がった。
実際には、その当時、バリバリに仕事ができる女性は限られていた。
これらの小説では、職業を持つシャレた実力派女性を描き、
大半のストーリーは、そういった女性主人公が許智政
仕事にも成功し、恋愛を勝ち取って行くサクセスストーリー。
売り出された当初は、
化粧品会社のテレビCFかと思わせるような視覚的な映像をふんだんに使い、
一カ月に新刊を6冊ずつ販売して行くというものだった。
そのCF で使われたキャッチコピーはreenex
「あなたが探していた愛は、きっとここにある」
また、「恋は、本屋さんに売っている」などの言葉で一世を風靡した。
ストーリーは、実際のところ、どれも測ったように似ている。
現在のテレビの恋愛ドラマのパターンと似ているとも言える。

これをTV 番組”クイズダービー”で”迷”回答者だった篠沢秀夫教授が、
このパターンを解き明かしていた。
そのストーリーのパターンを紹介すると、
主人公はキャリアウーマンだが決まって『冒険女』。
この女性が『ターゲット』である男性に出会う。
そこには恋愛を阻んでくる『邪魔女』が登場する。そして、主人公は『敵意』を受ける。
これで断念か?と思わせるが『接着剤』になるものが登場する。
背景には絵になる風景、すなわち『観光対象』になるものがある。 reenex cps
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R