忍者ブログ

singnice

青春があの丘

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

青春があの丘

花の間(独に座り、独酔う、ソロ舞台だ。花の入壶中、云の入壶中、梦に壶中だった。山水、日月星辰、天地に、力を尽くして、入壶中だった。立ち上がり、歩き腾挪を引きながら、躍進、うきうきしなくて、私は舞、私をお許しだった。手に無剣、心の中に、剣を屠龙倚天だった。気が沈没、凌波マイクロ歩で刀无辺の剑气に动いている成太極(テグク)で、武当だった。andhra倚天吸って宝剣を裂きに最善を尽くした心に私斬妖魔无辺の「ファウ」がちらついて、きれいに荘厳世界。移泰山裂き崑侖で平天山。そうして、すそにコードのあちこちに、津波の日でした。を担い、项羽は曹操槊ほこを横たえて、鼎ジンギスカン最後の射、世界は、地球ですか?暗瘡印
晴れた日に時は流れ、广玉兰溶く花と心のように透明化され、百が漂うこともあります。枝には苔の樟林の中を、静卧枕鸟のさえずりがあって、忘れた时间を忘れ、忘れて、天地に売り切れ、俗世を自分だけのことである。
でも记忆は昔話を廃弃された城を求めてしようとしたが、何かの名言ではなくてはならない。愛がだんだん眼光なった色、水墨画のようで、離れた淡远を間に挟んで西武鉄道を間に挟んで万水、はっきりしない。コル青春があの丘でラウンドを静かに満月は远いのに、格別明澈だった。
身をどこかへ消えてしまったのか、と言っていた永远のだった。一绪に見たことのない花で、一绪に闻いた雨で、一绪に歩いてきた道で、一绪に过ぎるの月であろうと、みんなも背を向けては消えていた。それだけで投げ川センターの昔の徳利をものともせずに、記憶の川に漂う、リッチな酒に酔った冷たい月も、酔ったのは昨日です 婚礼之行-蜜月度假

「(耳元で語を覚え君、青春の気配に夢中になると、あわてて心臓の鼓動の音、蝶の羽を扑闪日光()雨が降ったという。春を探したは、いやハスの花が咲きました。私は忘れてしまいました季节、でも忘れられていた。心は、本当に痛くないで、私が心を持っています。心を見たことがなかったのだろうか。無心の人、非道仏か、と僕は思った。私はすでに軽少自身もまた、この世界でも、この世界には外へ出ていた。
座り込みデモには石段の上に君臨し、リラックス任胴体空をが高まって、渐の空を私の中に登場した草原、青い空、白い云、ベンツの骏马とのどかな羊のほかに、膨大な海洋、高峻のヒマラヤの雪山、風とともに、澄碧舞う经幡の湖です。もう少し大きけれ、体内が降るような星、最後に身体が消えると、アタシは虚空だ嬰兒背帶
私は知っていて、私はえらいものであり、仏だ。私の体外世界と体内に世界が一つになって、私の颜を见るのは自分自身心内のすべてが好きです。私はできる浄土と浮世をいわゆるしがみつこうでしょう。浄土にはしばし浮世をだろうな。宇宙さえも行遍だけだろうなと、実は有限だが、刹那のが永久不変です。
愛を忘れるために、私は自分も忘れてしまう。忘れてた。过去を忘れた。将来は、今も忘れていた。私にとっては、なく时空もなかったし、葛藤をもたらしている。で沙浄土、心は蓮の花開、あなたはすでに蓮華の一部では、もうわからなかったあなたは私のことだった。 
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R