忍者ブログ

singnice

中年は古典小说…

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

中年は古典小说…

子供のころは梦、青春は詩、中年は古典小说……淡々としたのが散在して、私达の生命と心の感動を见ますと、瞬間だった。あれらの日は私たちの指先を密かに旅立つ。人生は、無失点で好投したとての間に成長している。人生は一回成熟している美しい様変わりした。経験したかなどして、成长して、だけを持つことができたからといって、すぐ分かる。人生のしようがないこと、歳月の洗尽铅华舍てません!時間が砂时计のようなのは普通で、私达をつかみきれぬ記憶の温度と美しい!ふと、年輪がこっそりとは、私たちの顔を塗った歳月の跡が見えた。行かせざるをえない中の風景を軽く適当に迫り、最初の様だ。あれらの日随時光が流れ、がゆく。
时には、ふっと淡い悼んで、耳をつんざくような痛み。歳月の浸食され、青春の捨てられて、時間の磨き、生活のしようがないこと、人生は変転浮沈した歌だ。一曲花鸟风月に一阕歳月静は良くて、花火を行かふ、青春を、感情、淋しさに、红尘の见ますと、何となく遇、うっすらと忘れて!深く蔵、としてにしたいと思います。インスタントラーメン
水のようだ、学会のごとし光阴すべてを大切にしましょう!昭華梦のようだ、见惯れたな。人生の話は、究極的には夢に過ぎない。いつか分離し、いつかで幕を下ろした。われわれも美しい出会いのかつてだった。捨て去れない気持ちと痛くて、楽と怪我をしている。人生は美しい秋が赤くて舞い降り、記憶の海洋、いつまでも忘れられない。水もの歳月もやはり1段の美しい景色を、1段の感动させる物语。
毎回、かんのんでも、チョ・ビョンオク残酷だ。毎回、つないでも、暖かい瞬間、一生、踵」になる恐れがある。私达はすべて学会ちゃんと過ちだった、大切にして。静かに見守ってくれる幾つ生活の中で、歳月が与えた点滴幸せになって、今を生きる。
もしできるならば、私の木をするだけだ。寂(さび)しさを守りながら漫然と年老いていくことをしない。思い出の渡し場で君との出会いだった。一绪にのばし食べ続ける。
もしできるならば、私はただやって一匹の蝶。それでは分は孤独を守り抜いた。退去しなければならない。あなたを待っての道があなたのためにソロ舞台だ。と一绪に见る花が咲き、そして散る。もしできるならば、できれば……この世界にはできることは何もなくてもし。ではないでしょうか。
私达はすべて保有以前にも、再会はいちばん红尘の中にいます。私たちはすでに、花が咲きに先立ち、分からないですが、人生は美しきで出会い、1試合を萍聚だけだった。谁にもわからない。でもよい、谁の永远に、全部ではない。私たち一绪に生まれ、わけにもいかないのではと、いくら爱して、どんなに舍てないで、私达はすべての分離しなければならない。人生は一种の孤独だ。
如蓮との縁は、人生のすばらしい思い出です。も思い出、甘い、点滴はすでに珍蔵が私の生命の中で、私の世界の中にいます。如水种类の歳月であるにもかかわらず、毎日も…はあいかわらず、学会のように大切にしたい。学会が受け入れられる、毅然、大切にしても、决して随遇而安!私も迷って!
守1部の寂しさ、のばしに行かふ。人生は梦のように静かだった。くださいを安らかにかえると、幸せだった。して、きちんと縛らで、▼酔って落花の前にいた。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R