忍者ブログ

singnice

真実と平穏に会う

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

真実と平穏に会う

春は美しい季节であり、怀想が懐かしさの季节である。桃紅を见当たり)梨花(イファ)白といって、柳叶青すれば、懐かしく昔话である怀想ほのぼのとしたシーン,が一つで久しぶりに帰って来ないで繁花似锦た故人は、いつも慌ただしくミカン过去を開くため終もゆっくりと離散も経験している。1試合を春光、記憶物語を記憶を一人で、1段の明暗の歳月に春がやってきて、いつも君ツー来し方を乗せてずしりと重いじめじめとし、春があって、人が多すぎて爱着をさせ、人が多すぎてきただけに、もに、生の感傷を歩いしなければならない。
「夢の後に、键をほどこし高い酒、目が覚めると、土間ぶら下がっている。昨年春恨みが来た時、落花人も独立し、マイクロスウィフト决めた。幼い苹活動が、両重心字羅衣。琵琶線上あなたがあり、当時明月が、記念写真を撮っている彩云復だ」と話した。昨年春にお别れの愁恨まるで煙に包まれた彼は、もうひとつを胸に、春が眩んが本格化し、人去楼空、かつての発见がなくなってしまった寂しそう物寂しいしているときに、記憶のシーンを歳月の中で繰り返される見える離恨みはあたたかくて、あの落花マイクロ雨の日に送られたが、眠っているは永遠に記憶に深く銘です。
彼女宁可一生は相思系は弦でも、したくなかった。久しぶりに数年の彼の再会が、失われたあまりにも遥か远くて、その年の離れた、长年になろうが待っていると目をギラつかせて、あまりにも多くの言葉に、すでにら、またどんなね?再会できるかどうかも昔の互いを?を歩んできた人生の紆余曲折の過程に、生活と同じだが、真実と平穏に会うより懐かしい。
縁が一定の山と山を挟んで、水と水の平行に流れ、いくら多くの约束はすべてそんなに無力で、一時は、谁が一番绮丽な時間と出会った人は谁が待っている逃がした誰だろうか。待機時間が経つにつれてほどではありませんの長年のスタンダードな味ですが、あなたはずっとの逆転負けを喫した時期だったので、杏雨梨云の春、また逃せ金葉霊舞の秋に、このように逃した四半期対比のまた1四半期連続下落した。今时间うねり、ハエが桑田、唯春は约1四半期も、懐かしされても语る。
「往年の小道は依然として绿、かつての亭榭空留ツバメ鳴く」ということから、杨柳依依をしなかったの长亭だけで、一人の清欢あのもて新緑、あなたがまだ私はかつての情?山道ガウディ)、「曲がっの隣に開放の萼紫、しかしあなたは私を支えていた下?拈花示衆一割れのような香りのお世话になりましたのは、やはりあなたの残忍な微笑と情を凝視しているの瞳をのぞきこんだ。それらの春は良い幸福です?今私はまたどこか行くを探しに?
奇禍記、いったい誰が意重情ふかし、春に軽く叩かれて心は1粒の小豆クローンマウス脱俗世界をまた一年が1年で、たいと見つめた。春の枝に立って眺めれば、私のような目をかすめたにもかかわらず、マンギョン春もろいだけどその春思考にかかっている。请您の射す里の鼓動が思潮の脈をとり、私の恋しい思いは、青空の下で一カットと白い云の黙々としての旅は、日差しに一轮の花が置かれていたとしているのは、メッセージを込めた柔らかい朝風に鸟春寻の一声鳴は、静夜びぬおもいうかべる小雨のため息が出るほどだ。 truds'blog 旅行在天涯 香诺依旧 jrirmeng mengyumei
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R