忍者ブログ

singnice

一层层菏浪思

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

一层层菏浪思

この時のハスの花で、すでにしだいに露出してあのピンクの花びらがの明るい月夜の下に力を尽くして、もじもじしていたそうではない」と一层层薄い白玉じれったいをやり過ごして彼女の額には、その「小荷こそ露尖尖角」にするようなハン・ヨンシムさんを开いたはこのような派手さはない。夏の夜の风に乾いていて、一层层菏浪思いが、満面に呼び込むなどではあなたに抱かれ、この时の私感覚に明月瓊、二階にはそれと華麗な嫦娥とともに、荷塘で踊っている。
ほら、彼女のあのスミのステップにを远方の袖帯で、ピンクの服の下、が風に揺れ動きつづけると、影の下で美しいステップを振られている双袖が風に描いたファントム、トンボ水のような悦に移动、私酔っていた。彼女の右手をなでていた私のあご、うっとりとした目を教えてくれました。彼女の気持ちを込めて、あの。ほんのの情は霎それが遠ざかっていくのを、彼女に飛んでいく歩ジャンプであっても、それが薄れてきての姿は、来年から消える。
ひとしきり微风に来て、空の朗月、私の心が惹かれて魅力的な荷塘を陶酔させます。遠くの樹影の下、恋人同士なら、すごくの姿は、手を繋いでゆっくりかせぎヤナギの果て、消えて、この月の夜。
気持ち。ほんの一遍に開けられ、その美しい夜に最善を尽くした」とし、「この派手な原色のシーン。あちこちに生活の足取り、耐え忍ぶ、この時に関わらず、あなたは発见して、お気持ちは霎変わって、あなた、開かずの間を控えて多忙な仕事を忘れて生活の香りがした時、ここに来てから、静かな荷塘の川辺で、无限の生気が、今の君だけが必要な手を止めて、眼を閉じた。細い味わう、おおらかな度量が示し合わせ咲いているか、まるでこの荷塘の蓮の花のように、开いたはこのような粉嫩で、こんなにだったのだ。
目の前に浮かんだ私の息子であり、その笑顔の小顔に歩み寄ってお父さんに対して恋慕言葉から、それは息を投入しようとあなたの胸に抱かれての走りで、私は笑って、まるでという怪談だ甘いには、心の奥に咲いて、ずっと翻るを満喫している。
目の前に浮かんできの奥さん、わたしヒョンスクあの囲は台所で料理を炒ってて、ぐっすりと抱きあって自身の甘い深い唇なら、思い出深い芬香の長い髪に満ちていて、私は笑って、まるでこの月夜の下の蓮の花はじれったいで、あなたが彼女に違いないのに惚れた。
一夜荷塘が、夏の味がする荷塘、に魅了させ、私に夢中になる。 三鹿美的空间 ここえれ じえきのblog niuniu'blog jiksos123's Blog
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R