忍者ブログ

singnice

人のような生物が

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

人のような生物が

今日は、それにあやかって、社会に出て役に立たないこと、
すなわち、「宇宙に人間のような生物はいるのか?」ということを気侭に探ってみたい。

宇宙に、人のような生物がいると考えたのは、
古くは、『ピタゴラスの定理』で知られるピタゴラス。
彼は紀元前6世紀頃の古代ギリシャで生まれで「万物の根源(アルケー)は数である」
という言葉を残しているが、変人であったのは間違いない。
彼は地球が丸いことを知り、地球外の宇宙に住む生物がいると語っていたと言われる。
それ以降、目ぼしい人物としては、16世紀のイタリア出身の修道士
ジョルダーノ・ブルーノreenex
異端裁判があるような時代で、実際に火刑となったが、
地動説どころか、地球外生物、すなわち宇宙人について説いていたようだ。
その後、哲学者として知られるカントも地球外生物には興味があったらい。

この辺りまでは、西洋世界でもあるが、
ちょっと面白いと思うのは、江戸時代の日本で、
太陽系の構造やそれ以外の銀河にまで言及する人物がいた。
商家の番頭をしていた人物で、そういったところから山片蟠桃(ばんとう)と名乗った人物。
彼は、その当時の最先端の宇宙を理解していたようだ。
彼が残した『夢ノ代』と題する書には、地球外の人間についた書かれている箇所がある。
その部分を抜粋するとReenex好唔好
「金星、水星は、日に近く、陽に焦がされて人民あるまじき」とある。
そして、火星や木星には、生物がいると考えていたようだ。
太陽の光を受けたところに生物が宿り、それらの食物連鎖から
「しからば、何ぞ人民なからん」という言葉で、宇宙の章を終えている。
すなわち、「地球外に、必ずや人が存在する」ということらしいreenex 效果
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R