忍者ブログ

singnice

北米大陸や欧州大陸の

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

北米大陸や欧州大陸の

それに対して、北米大陸や欧州大陸の北部では最終氷期において約1万以上前の時代には、現在の南極氷床に相当する厚さ数千メートルもの巨大な氷床があり、それが約1.9万年前に最大に達し、それ以降急激に融解し、約7000年前までには、ほぼ完全に融けたという。この北半球の巨大な氷床の融解によって約1.9万年前以降、遠い東アジアの海面は年間で1~2センチメートルの速さで100メートル以上も上昇し、約7000年前までには海面が一番高くなったという。約7000年前以降は、海面を数メートルも低下させるような氷床の再拡大を示す地形の証拠は確認されていないという。つまり、北米や北部欧州は氷床が氷解することで氷の自重で押し下げられていた陸が隆起し、氷床がなかった東アジアは海面上昇で「海進」した。これが「縄文海進」だという。欧米は氷床に覆われていたのと、東アジアに氷床がなかったことの違いが、異なった地帯に「海退」と「海進」の反対の陸形の変化を起こした貴妃潔面
 将に、その日本列島の自然環境が縄文早期(1.1万500~7000年前)にその様相を変えつつあった。海面上昇で古北海道半島は今日の北海道島となり、古本州島は四つに分解して今曰の本州•四国・九州に分かれ、曰本海の拡大に伴い暖流が流入し、冬季曰本海の多雪化現象が開始した。遠く沖合を流れていた大洋流が沿岸域に接近し、三陸沖のように黒潮と親潮が接し、日本列島は将に海流に囲まれ、その影響で温暖で湿潤を基調としながら短周期動のない安定した海洋性気候に劇的に変化した。そうして日本列島は、主要食糧となる「堅果類等の植物資源の豊富な温帯落葉・常緑広葉樹林が広範囲を占める資源環境」に移行したという卸妝產品 旧石器時代的な環境条件にあった縄文時代草創期は、早期以降に比べて土器の出土量が少ない。基盤的な資源澴境が旧石器時代の延長線上の狩猟に依拠したものであったが、確実に自然の変化が、狩猟より漁猟に依存する方向に向かっていた。気候の変化で海浜の微高地に定着する傾向も出始めていたと思う。植物資源に依存していた縄文時代早期以降の生活経済への移行がまだ不完全だったためであろう。土器出現の契機は別として、晚氷期の温暖期はそれ以前の氷期中の温暖期より相対的に暖かかったため、植物食糧処理調理容器としての機能はその早い段階で与えられていた可能性が高い 脫髮。 >
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R