忍者ブログ

singnice

日本の学校

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

日本の学校

夕方、小6の次女が帰宅して随分前にあった文科省の学力テストの結果がやっと出て、個人票で戻って来たとB4に国語と算数が両面印刷された白黒のプリントを渡されました。

これが噂のね~っと見ると何問中何問正解と言うのと、どこが間違ったかとか、正答率など書かれていましたが、点数評価では無いのと、全国でとか兵庫県で何人中どの辺とかそう言う順位が出るモノは一切無く、平均正答率とかで自分で見てねっと言う感じの結果でした。

ニュースで県別、市別、学校別の平均など公表するしないとか問題になったりもしていましたが、個人票位、もう少し順位とか何か出たら良かったのになぁっと、塾の模試に慣れている私達親子にとっては物足りない結果でした。それにこれだけなんだからもっと早く配布されても良かったんじゃあないのかなぁ~って思ったのは私だけでしょうか?小学生の子供、何がどうして間違ったのか、何でそんな回答したのか、これだけ時間経っちゃうとこんなのやったかなぁ~何て事になり結果返されても今更分かんないですよね。

中学受験する子にとっては基本中の基本ばかりでこれで大差着くっと言うようなテストではなかったのですが、日本の学校って競争=イジメに繋がると言う意識で、出来る子も出来ない子も頑張る子も頑張らない子もみんな一緒教育、何かそれも大事な面もあるけど、調査と称してテストをするなら本人にのみ明確にする位は良いのでは無いのかなぁって思った凛です。

受験組でも模試の結果やクラス分け、成績順の席、シビアと言えばシビアな世界だけど、そんな世界でもイジメってそんなに聞かないのが現実です。受験組では無いママ友とからすると、可哀そうとか、異常っと捉えられる一面もありますが、日本の社会、高校受験、大学受験、就職試験、資格試験っと、営業成績っと遅かれ早かれ競争社会に入って行くので、避けては通れないような気がしています。それを小学生が経験するのが良し悪しは置いておきますが…。kissbaby的個人博客 lovepace hulaheiyou的個人博客 keyboy的BLOG kissgilr
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R